2010年04月10日

行列のできる法律相談所が違法行為:放送法・公選法違反

 3週間ほど前、ツイッターで以下のように呟いた。
昨日の「行列のできる法律相談所」はさすがにやり過ぎだったのでは。自民党の議員ばかり3人も出し(最後チラ出の丸山弁護士含む)、選挙区まで字幕を出して、あからさまに応援していた。伸助も「自民党」と政党名をはっきり言っていた。あんなことやるようでは番組の先が無くなるぞ。
7:16 PM Mar 22nd webから

なんか、伸助の下心も見えてしまう気がするんだよね。「恩きせといて当選したら見返り求める」っつー感じ。そんなに政治好きならとっとと出馬せい。
7:19 PM Mar 22nd webから

 これは単に腹がたって、一視聴者としてのつぶやきだったので、法律的なことは考えていなかった。

 そうしたら、もっとちゃんと考えて問題提起していた人がいたようだ。
「行列のできる法律相談所」に公選法違反の指摘
特集 参院選

 日本テレビ系バラエティー番組「行列のできる法律相談所」が3月21日に放送した内容に、視聴者から「公職選挙法に違反するのでは」との指摘が放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会に寄せられていたことが9日、分かった。

 同委員会は、日本テレビに事実関係を確かめた上で審議の対象とするか検討する。

 同委員会によると、当日は「気の毒な夫決定戦」をテーマに放送。丸川珠代参院議員と夫の大塚拓前衆院議員(ともに自民)が出演中、大塚前議員の選挙区名や、「比例区は自民党」という発言をそのままテロップで流した。丸川氏は今夏に予定されている参院選の改選対象ではない。
(2010年4月10日02時37分 読売新聞)

 確かに、丸川珠代は今年の夏の参議院選挙には出ないが、今年の夏の選挙でも「比例区」はあるから、島田伸介がそこで自民党に投票するように宣伝すれば公選法上の「選挙運動」になる。それを選挙期間前にやれば「事前運動」になり違法行為だ。

 僕は選挙は活発にやるべきだと考えている立場なので、公選法との関係で違法云々はあまり言いたくないが、さらに問題なのは放送法の方だろう。
放送法
(目的)
第一条  この法律は、左に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。
一  放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
二  放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。
三  放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。

 放送は不偏不党の立場で行われなければならない。あの番組の扱いは、明らかに不偏不党の立場を踏み外していたし、露骨に自民党の選挙宣伝をやっていた。前からそんなに好きではなかったが、島田紳助が嫌いになった。

 バラエティー番組があれではいかん。是非、厳正に襟を正していただきたい。
posted by ナベテル at 13:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 公職選挙法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このナベテルと言う弁護士は共産党員か?行列の出来る法律相談所やテレビCMに対する批判、価格の批判など民主的競争をことごとく非難しまくり。ナベテルはブログで他の弁護士を批判しまくる暇があったら困っている府民のため、まともな広告でもしたらどうだ?ましてやブログ開設する以前にまともなホームページくらい開設したらどうだ!相談料も委託料もナベテルは全然開示してないぞ。これこそ問題。
Posted by ナベサダ at 2010年04月10日 20:37
>ナベサダさん
コメントありがとうございます。
僕のホームページはありませんが、
事務所のホームページはありますよ。
お気に召すか分かりませんが、
よかったらどうぞ。
http://www.daiichi.gr.jp/

これもお気に召すか分かりませんが、
残業代の計算ソフトも
作っております。
http://www.daiichi.gr.jp/syoukai/work/overtime.htm
Posted by ナベテル at 2010年04月10日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146145245

この記事へのトラックバック