2010年06月09日

イースター島モアイ見た記・急(巨大化するモアイとモアイ工場)

巨大化するモアイ
 序で書いたように、モアイは部族の先祖であり、部族の守り神だ。やがて、部族間で競って大型のものを作るようになった。島で最大の遺跡はアフ・トンガリキというが、ここにはカメラに収まりきらないくらい大きいモアイが15体もある。大きいものは15mくらいあり、写真はいずれも遠くから望遠レンズで撮ったもの。
P6024519.JPG
アフ・トンガリキ(表)



P6024582.JPG
アフ・トンガリキ(裏)


 あまりの迫力に見ほれてしまう。きっと、この地を治めていたのは大きな部族だったに違いない。ちなみに、ここの遺跡を修復したのは日本のクレーン会社であるタダノだ。バブル期とはいえ、よくやったもんだ。今の日本では考えられない酔狂な社長さんに乾杯。写真を取り忘れたが、モアイの脇にはプカオも脇に置いてあった。一体だけプカオを被っているモアイは、タダノのクレーンの操作方法を教わった現地住民がおもしろがって修復したものらしい。

モアイ製作工場
 島中にあるモアイの多くが製作されていたのが、ラノ・ララクという火山。ここには作りかけのモアイや完成品のモアイが沢山あって、日本人がイメージするイースター島のイメージに最も近いところだ。後期のモアイが多く、比較的スマートな作りで、かつ、巨大なものが多い。
P6024510.JPG
ラノ・ララク



P6024466.JPG
巨大なモアイ


 中には面白いモアイもあって、依頼した部族の長の首が曲がっていたためにモアイも首をかしげることになったと伝えられるものや、イースター島が他のポリネシアの文化の延長線にあることを想わせる正座したモアイもある。
P6024460.JPG
首をかしげたモアイ


P6024415.JPG
正座したモアイ


 モアイは岩山から切り出すので製作途中のものは岩の中にある。一番大きい作りかけのモアイは22メートルもあるらしい。
P6024425.JPG
切り出し中の巨大モアイ


 モアイは先に正面を作製され、石から切り出されると、背中が平らな状態になっている。これを地面に立てて背中が整形された。
P6024435.JPG
背中整形前のモアイ



P6024433.JPG
背中整形後のモアイ


 主な作業場は噴火口の外側にあるが、噴火口の内側には比較的赤っぽいモアイを作っていた場所もあった。
P6024505.JPG
赤いモアイ


 ちなみに、モアイの上に載っているプカオ(これは帽子ではなくちょんまげを表しているらしい)はプナ・パウという赤い石を産出する別の火山で作られていた。
P6034705.JPG
プナ・パウ


 次回は、モアイ文化の崩壊について。

関連記事
イースター島モアイ見た記・序(間違いだらけのモアイ観)
イースター島モアイ見た記・破(伝説の王・ホトゥマトゥア)
イースター島モアイ見た記・急(巨大化するモアイとモアイ工場)
イースター島モアイ見た記・急の急(モアイ文化の崩壊)
posted by ナベテル at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152736746

この記事へのトラックバック