2010年10月05日

カンボジア旅行記2(バイヨン寺院)

 前回の投稿からすでに1ヶ月近く経っており、ブログが活用されていない状況に自分なりの焦りを感じております。まあ、マイペースで。 

 アンコールワットが建設されてから数十年後に王が変わってから建設されたのが、アンコールトムだ。ここは、なんと、仏教遺跡。数十年前のアンコールワットがヒンズー教の遺跡であることと比べると非常に面白い。
01アンコールトム入り口神様.jpg
アンコールトムの入り口にある観音様の像


 入り口の門の上には、日本人が勝手に描くカンボジアのイメージに出てくる、あれ。これ、実は、観音菩薩なんだそうだ。
02アンコールトム入り口観音像.jpg
観音菩薩像


バイヨン寺院
 そして、アンコールトムのど真ん中にあるのがバイヨン寺院。ここはかなり面白かった。
03バイヨン遠景.jpg
バイヨン寺院遠景

 
 ここはアンコールワットと同じく、壁画が凄い。
04アプサラ(天女).jpg
アプサラ(天女)の図

05バイヨン壁画1.jpg
バイヨンの壁画

06バイヨン壁画2.jpg
バイヨンの壁画2

07バイヨン壁画3.jpg
バイヨンの壁画3


 壁画の回廊を回ってから、建物の中心部に迫っていくと、顔、顔、顔。バイヨン寺院が仏教寺院になっているのは、当時の王様が、既得権益層であるヒンズー教指導者たちの力を削ごうとした政治的な側面があるのだそうです。
08バイヨン塔群.jpg
バイヨン寺院の塔群

 10バイヨン観音菩薩.jpg
これも観音菩薩像


 そして、世界中に写真が出回っている一番有名な観音像がこれ。
11一番有名な顔アップ.jpg
一番有名な観音菩薩像


 回廊は実はナーガ(蛇)の胴体をかたどっている。これはアンコールワットと全く一緒。ヒンズー教と仏教は境界が曖昧なのだ。
09回廊の屋根がナーガ.jpg
回廊の屋根がナーガ


 そして、デバター(女神)像。ここのデバターはアンコールワットのより総じて出来がいいように思った。
12バイヨンのデバター.jpg

13バイヨンのデバター2.JPG


 次回は、天空の城ラピュタのモデルになった?寺院とかの紹介。
posted by ナベテル at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164703145

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。