2013年11月27日

親愛なる川田龍平さんへ

 特定秘密保護法案が衆議院で強行採決された。この法案の危険性については「何が秘密?それは秘密」というひと言に集約されている。

すでに政府の秘密による被害は出ている
 日本では、本来、国民の共有財産であるはずの政府が保有する情報について、私物化する傾向が非常に強い。今回の法案でも、その当たり前の事実すら前提とされていない。そういう行政実態が端的に表れているのが刑事事件の際の検察、警察の証拠隠しであり、それによって被害を受けた国民は数知れない。再審無罪となった布川事件の櫻井さんらは厚い秘密の壁を破って真実に到達した希少な例なのである。
 これも刑事事件絡みの話題だが、現在、刑事訴訟法で、証拠の「目的外使用」が禁止されており、法の専門家である弁護士ですら、捜査機関の不法な捜査実態を世間に知らしめることに躊躇せざるをえない現状がある。このことが端的に表れたのが、法廷で再生されたDVD影像(被告人の取り調べ影像で、取り調べ後に完成した供述調書と内容が食い違っていた。)をNHKに提供した弁護士について、検察が懲戒請求した事件だ。詳細は下記産経新聞の記事「「真実発見」に支障? 「公益性あれば証拠の裁判外使用を」刑訴法改正求める声…NHKへの取り調べ映像提供問題」に譲るが、明らかな捜査機関の違法な取り調べ実態の証拠すら、それを公表することでプライバシー侵害を受ける元被告人本人がOKしているにも関わらず、検察が弁護士を懲戒請求をしたのである。自分に都合の悪い情報を隠すためなら、憲法が保障する国民の知る権利など無視して(無視するのが司法試験を通った検察官の集団であるところの検察庁であるのがまたイタイ)、自分が持っているあらゆる手段を行使して、突き進むのが行政であり、弁護士ですら公表を躊躇せざるを得ない。これは特定秘密保護法ができた後の社会のあり方を明確に示す。

防衛産業と自衛隊幹部の癒着すら秘密になる可能性がある
 「特定秘密保護法に反対している連中は、何かやましいことでもあるのか?スパイか?」という頓珍漢な意見も目にする。しかし、特定秘密保護法が成立すると、安全保障の分野についての秘密が一番多くなりそうだ。そして現在、防衛産業と防衛省の癒着は激しく、ぐるみで国民の税金を浪費している疑いすらある。その一端が現れたのがしんぶん赤旗の下記記事。リード部分だけ紹介する。
水増し請求で処分の三菱電機 指名停止中、1340億円受注 防衛省は開き直り
中距離地対空誘導ミサイルなど防衛装備品の水増し請求(過大請求)で、指名停止処分を受けた三菱電機が、指名停止中にもかかわらず、防衛省から昨年末までの11カ月間に、241件、1340億円もの受注をしていたことが19日までに分かりました。日本共産党の井上哲士参院議員への防衛省提出資料で判明したもの。同省は13日、同社から水増し請求額に違約金などを加えた約495億円が返納されたとして、同日、指名停止を終了しましたが、指名停止が骨抜きになっていたことを浮き彫りにしました。

 指名停止措置すら無視して発注をするのを癒着と言わずして何と言うのだろう。また、防衛省は、手前で設定した秘密書類の大半を勝手に破棄していたことでも名を馳せた官庁だ。
防衛秘密、6年間で4万件を破棄 半数超に相当 政府答弁書で判明 日経新聞2013/11/26 12:51
 防衛省が自衛隊法で規定している「防衛秘密」の管理に関して、2007〜12年の6年間で約4万2100件の秘密を破棄していたことが、政府が26日決定した答弁書で明らかになった。同省は06年から12年までに約7万4300件を指定している。民主党の長妻昭氏の質問主意書に答えた。
 防衛秘密は防衛上特に秘匿することが必要な情報を防衛相が指定する。漏洩した場合は最高5年の懲役を科される。特定秘密保護法案が成立すれば特定秘密に移行する。防衛秘密は歴史的文書を国立公文書館などで保存することを定めた公文書管理法の対象外。保存期限が過ぎた場合は同省幹部の判断で破棄が可能だ。
 防衛省はこのほか「省秘」約30万件中27万件、日米相互防衛援助協定(MDA)秘密保護法で米国から提供を受けた「特別防衛秘密」約2500件中700件も廃棄していたことも明らかになった。

 今後は、防衛産業と自衛隊幹部、官僚の癒着が起こったときに、癒着をした当人たちの手によって秘密と指定され、アクセスしようとすれば犯罪となり、癒着の証拠は闇から闇に葬られる可能性すらあるのだ。これが特定秘密保護法ができた後の世界であり、「公務員の守秘義務」どころの話ではないのだ。

親愛なる川田龍平さんへ

 薬害エイズ問題も、厚生労働省が血液製剤の危険性について検討した結果を記録した「郡司ファイル」を隠していたのが、公開されたことで、解決に弾みがついた。あの頃、病身を押して杖をつき(まだ薬の精度も今ほど高くなかったはず)、差別に立ち向かい、名前を公表して闘い、秘密を暴いて、自ら道を切り開いた川田龍平さんは、輝いていた。
 ときは変わって、川田さんは、なぜか、特定秘密保護法案を推進しようとする愚かな“野党”党首が主催する「オレの党」に所属している。正直、その事実に失望していた。
 しかし、すべては巡り合わせなのだろう。今、あなたは渦の中心にいるし、かつての輝きを放つことができる位置にいる。今のあなたに、この悪法を止める役割を期待する国民が浜の真砂の数ほどいることを、胸に刻んでいただきたい。
 そして、薬害エイズ問題に命をかけたように、参議院で必ず、この悪法を止めていただきたい。
posted by ナベテル at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。