2015年04月09日

橋下徹氏「上西さんを国会に送り込んで下さい。あとは僕に任せて下さい」

 橋下徹という人は、人間とは何か、法的責任とは何か、政治的責任とは何か、について、本当に色々と考えさせてくれる人だ。人間は、社会的な生きものであり、社会生活上の態度の一貫性はプラス評価の対象とされる。「筋を曲げない」生き方は美徳なのである。筆者に近いところでは、裁判所における証人の証言の信用性のあるなしも、発言の一貫性を一つの重要な要素として判断される。
 橋下氏はこれとは真反対の人間で、少なくとも政治家としては、自分の過去の発言に全く縛られないし、一貫性がないことをほとんど気にしない。その場その場で、相手に対して最大限の利益を約束し、あとであらかた反故にする(これは「架空の利益の約束」という橋下流交渉術なのかもしれない)。人間社会では、これは不道徳な態度なので、普通は政治家としてもすぐに終わってしまうはずなのだが、日本人が忘れっぽいのか、大風呂敷に弱いのか、今までほとんど問題になってこなかった。
 しかし、さすがに、自分が代表を務める組織の一員が国会議員として税金を食い物にするような不祥事を起こしたときに、他人事のように批判するのはやり過ぎではないのか。平身低頭謝って、再発防止策を考えるのが、最低でも、組織のトップとしてやるべきことだろう。特に選挙の時にこんな発言をしていたのならなおさらだ。
維新にキャンギャル切り札 橋下氏と一声(日刊スポーツ2012年11月20日)

 夕方のJR吹田駅前、ロータリーから人があふれた。維新刺客は愛染まつりや、天神まつりなど、大阪の祭りでキャンペーンガールを務めたこともある上西小百合氏(29)。自前の白系スーツ姿で「このままでは、友人も『安心して子どもが産めない』と言っている。日本を変えるため力を貸してください」と訴えた。
 上西氏は大阪府羽曳野市出身。父は府内で鉄工業を営んでいたという。神戸女学院大時代は茶道、華道をならい、日本文化に興味を持ち、卒業後は、保険会社で一般事務職などを経験。大好きな日本が「危ない」と感じ、維新塾に応募し、選抜を経て出馬する。
上西と橋下.jpg ただ、演説はたどたどしく、言葉に詰まる場面も。これを橋下氏が「政治はグループでするもの。彼女は新人ですが、組織では優秀な一兵卒です。(一般市民に近い)こういう感覚の人を国政に送り込んでもらいたい。あとは僕に任せてください」と絶妙フォローで、観衆から拍手を浴びた。
 橋下氏本人はいつも通りその場限りの出任せを言ったのかもしれないが、ここまで言ったからには、一般社会の慣習にそって、橋下氏には政治的責任を取ってもらう必要がある。上西議員の問題、もっともっと引っ張って、報道機関は「元維新の議員」として報道し続け、橋下氏が時節柄きちんと政治的責任をまっとうできるようにして頂きたいと思う次第。
posted by ナベテル at 14:54| Comment(18) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
橋下氏らに、上西議員に人権侵害してでも、考えを変えさせるなり、辞職させるなり、無理やり、イヤガラセでもして、どうにかしろというわけでしょうか? 暴力も可というわけでしょうか?上西議員の方に問題が有るのではないのでしょうか?
Posted by いぐちかおる at 2015年04月09日 16:06
はじめまして。私は主にリベラル系ブログにコメントしているガラクタ童子と言います。個人的には結構保守的な思想も持っているのですが、近年の右派のあまりのひどさに主に左派的な視点からコメントしています。

さて、上西氏に対する橋下市長の責任問題もそうなのですが、堂々と違法行為である「残業代不払い」を宣言した足立康史衆院議員への追求があまりに甘いように思います。
一応は取り消したようですが、その理由も「残業を請求できる職種ではないはずだ」とは後付けの理由で、本音は「労基法は現実に合わない」という言葉に表されているように思います。

それにしても有象無象が寄り集まってできた維新という政党のひどさは目に余るものがあります。
大阪区長や教育庁の問題もそうなのですが、橋下流「民間導入」の結果はこうなるのかな、と暗澹とした気持ちになってきます。
Posted by ガラクタ童子 at 2015年04月09日 23:15
教育庁→教育長

訂正します。
Posted by ガラクタ童子 at 2015年04月09日 23:16
まず橋下さんはきっちり責任取って迅速に除名してます。これで納得いかないなら票で落とせばいい話。問題はそんなちっちゃい話じゃなくて、都構想の実現。
あいかわらず反橋下は頓馬な議論しかできないようですね。揚げ足取りのレベル自体がこれですから。
こんなことを論点にしてたら人とコミュニケーションできないと思われ。
Posted by at 2015年04月10日 04:57
ナベテルさんおはようございます。

上西氏とその秘書の釈明会見に、

橋下も同席していましたが、

記者に橋下が

「上西氏を国会に送り込んであとは僕に任せて」発言について突っ込まれた時、

秘書と上西氏はうつむいて笑いをこらえていました。

まあ、党首の橋下自ら

「正直に謝罪しても得することは全くない」

と常日頃公言している変質者なので、

上西や家城のような人間が

橋下の周囲に集まってくるのは当たり前ですね。

橋下徹って存在じたいがコントみたいな感じで
す。

その橋下の信者がいるっていうのもよくわかりませんね^^
Posted by 土佐守 at 2015年04月10日 08:38
橋本という男の化けの皮がはがれるのに時間がかかりすぎますよ。私は最初から信用できなかった。
Posted by 杉山 at 2015年04月10日 08:56
橋本という男の化けの皮がはがれるのに時間がかかりすぎますよ。私は最初から信用できなかった。
Posted by 杉山 at 2015年04月10日 08:57
>at氏
部下がどんなに不祥事を連発しても、橋下の労組に対する行為が裁判で負け続けても、選挙で選ばれれば責任なしということですか。そりゃすごい無責任社会のできあがりですね。
有罪判決を受けた議員が当選したことが過去何度かあったが、それも不問というわけですね。だって嫌なら落選させればいいんでしょう?
相変わらず橋下信者の橋下無謬ぶりは頓馬としか言いようがないですね。

>杉山氏
橋下の化けの皮なんてもうはがれていますよ。ただ大阪は芸能人なら投票してしまう癖があるだけ。口だけうまい人間に乗せられやすい。
「政治に素人感覚を」というのは、左派側からも言われてきたことですが、完全に崩壊しています。
Posted by ガラクタ童子 at 2015年04月10日 13:25
>ガラクタ童子氏
民主主義社会なので「責任」はそれを選んだ有権者にあります。こんな基本レベルから説明してられませんのでこれ以上は言いません。
それから「橋下信者の橋下無謬ぶりは頓馬としか言いようがない」って、日本語が少しおかしいですがそこはあえて突っ込みません。あなたがおっしゃりたい事は信者は盲信してるという事でしょうけど、少なくともここのコメント欄でそのような理屈が成り立つ会話は成されて無いと思われ。
Posted by at 2015年04月10日 17:32
>まず橋下さんはきっちり責任取って迅速に除名してます。

◆橋下は、

「こんな国会議員(上西)に

国民の税金から

給料を与えるわけにはいかない」

ので

除名(議員辞職させるのではなく)した。

と自慢げに述べていました。

橋下は、

頭おかしいか詐欺師かのどっちかですよね(爆)

それから、

「上西を国会議員にしてくれたらあとは僕に任せて」という橋下の過去の発言に対する

記者の

「今も同じ思いか?」という突っ込みに対して、

「執行部と協議させてください」って何だよ(爆)

やっぱり頭おかしいよ橋下は。
Posted by 土佐守 at 2015年04月10日 20:15
現行法では上西を辞職させることができませんので、除名処分が妥当な対応かと。

で、それとは別に任命責任があるという趣旨かと思いますが、そこは党代表や幹部も謝罪されてますよ?

それが不満なのであれば、どのような責任の取り方が妥当なのかを示さなければ話になりませんね。



Posted by さかな at 2015年04月10日 23:40
上西が平謝りすべきなのと同様に橋下も平謝りすべきだろう
「あとは僕に任せてください」と言って任せた結果がこれなのだから

にもかかわらずすごい他人事感で、自分は正義ヅラして上西を叩く橋下はおかしい
まぁスケープゴートを作って攻撃することで、大衆を煽って支持を得るといういつものやり口ではあるが
Posted by at 2015年04月11日 07:51
口から出まかせ男!
天才詐欺師!
こんな男に騙されたら、大阪は終わってしまう怒り(ムカッ)
Posted by トラ次郎 at 2015年04月11日 07:55
>上西が平謝りすべきなのと同様に橋下も平謝りすべきだろう
>「あとは僕に任せてください」と言って任せた結果がこれなのだから
>にもかかわらずすごい他人事感で、自分は正義ヅラして上西を叩く橋下はおかしい

◆まったくおっしゃる通りなんですが、

そういう正常な人間の感覚は、

橋下徹には全く通用しません^^

何しろ

「正直に自分の過ちを認めたところで

何のプラスにもならない」

「どんなに不当なことでも、

矛盾していることでも、

自分に不利益になることは

知らないふりを決め込むことだ。」

(橋下徹著「図説 心理戦で絶対負けない交渉術」から)

というのが橋下徹さんの座右の銘です^^

「上西を国会議員にしてください、

あとは僕が責任を持ちます」

と言いながら、

国会議員になった上西が問題を起こすと、

「こんな悪い奴はいません、

国民の皆さんお怒りでしょう、

私が皆さんに代わってコイツを成敗します」

って完全なコントだよ^^
Posted by 土佐守 at 2015年04月11日 12:38
>土佐守さん

橋下はそういう信条で生きてるんですね
何というか、根性が悪いというかおそろしくニヒルな人間ですね

自分がお薦めして議員バッジ与えた身内の体たらくを、自分のイメージアップに利用するなんて卑劣なことを普通の人はしませんからね
まさにコントみたいです

類は友を呼ぶと言いますが、結局橋下に共感して集まった政党が人材不足なのは当然なのでしょう
Posted by at 2015年04月11日 19:23
>自分がお薦めして議員バッジ与えた身内の体たらくを、自分のイメージアップに利用するなんて卑劣なことを普通の人はしませんからね

◆上西小百合というのは氷山の一角で、

橋下は、

維新の候補者が

どういう人間か一切チェックすることなく、

犯罪者だろう何だろうが

片っ端から、

「この人(候補者)は

僕が推薦するから間違いない」

として

選挙に立候補させて、

応援演説してるんですね。

「無責任の極み」とはこのことですね^^
Posted by 土佐守 at 2015年04月11日 20:27
>at氏

「当選させたことは白紙委任」とは橋下の妄言です。そんな政治は先進国のどこにもありません。
その理屈が通るなら、選挙制度のある国ではデモも陳情も禁止されるでしょう。
自分の思想に都合のいい時だけ「選挙結果はすべて受け入れろ」との主張はやめたほうがよろしい。

それと私の言葉は十分に意味が通じます。あなたにどうこう言われることはありません。

ましてや橋下の部下の不祥事のオンパレードは当選後に判明したものばかりです。これを有権者が前もって知ることなどできません。
そんな出来の悪い候補者群と知っていたら投票したでしょうか?
Posted by ガラクタ童子 at 2015年04月11日 23:30
ええかげんにせえよ。卑怯者
Posted by at 2016年06月16日 07:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417024692

この記事へのトラックバック