2010年03月22日

黄色い砂の日

 今日は昼から活動を始めた。家を出て東山の方を見たら空が黄色かった。あー黄砂だ。関東に住んでた頃はほとんど体験したことない減少なので、最初はとてもびっくりしたが最近はもう慣れた・・つもりだったが、今日はあまりのすごさに仰天してしまった。というのも、今日は朝から雨が降ったり止んだりの空模様だったのだ。黄砂+雨=最悪の結果、というわけで、駐車場で見た自分の車は砂でどろどろ。赤い車に黄色い細かいドットが無数について不思議な模様を作っていた。窓もどろどろだったので、給油がてらセルフのガソリンスタンドで窓を拭きまくった。

 関西の生活でびびったものつながりでいうと、関東と関西で生活していて違うものの一つはズバリ時差だ。関西の朝は暗い。感覚的だが、千葉にいた頃よりは2〜30分くらい遅い気がする。朝が遅いから夜もいつまでも明るい。これは4年半暮らしてもあまり慣れない。関東には25年住んでたから、慣れるためにはあと20年くらい必要なのだろうか。

 僕は普通に暮らしているのに関西人が異常に反応するのは納豆だ。関西の人はあまり納豆を食べない。そして納豆を臭い、という人が少なくない。職場に納豆好きの人がいるのだが、その人も周囲から臭い臭いと言われている。

 食品で言うとまっさきに違いを感じるのは醤油。関西の醤油は何かが違う。関西くらいはまだあまり気にならないが、中国地方にいくとどろどろのたまり醤油になって、刺身につけても美味しくない。山口に行ったとき、海鮮料理屋でたまり醤油が出たので「他の醤油ないの?」って店員さんに聞いたら、不思議な顔をされた。

 関東と関西では人間の気質も結構違う。感覚的に言えば、関西の方が変人におおらかで欧米的雰囲気に近い。僕は関東にいる間はどこにいても常に異端だったが、関西では割と普通に生活できている(気のせいか?)。

 黄砂から変な話にどんどん移っていったが、そんな感じ。テキトーに仕事して、テキトーにごろごろして一日が終わった。
posted by ナベテル at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

冬のオリンピックにまつわる想い出

 冬のオリンピックというと、僕が思い出すのは94年のリレハンメルオリンピックだ。NHKの中継番組の主題歌は高橋真理子が歌っていた。

 このオリンピックの最中、僕は高校受験の最中だった。一番盛り上がっているときが千葉県の公立高校受験日の直前で、見たいのにテレビ中継はほとんど見られないでいた。
 公立高校の受験は二日間にわたってやるのだが、一日目が終わった時点のできがほぼ想定の範囲内で、二日目も普通にやれば大丈夫そうだった。気をよくした僕は、テレビはやり過ぎだがラジオならいいや、と思って、オリンピックの中継を聞きながら最後の復習をすることにした。記憶に間違いがなければこのときはスキージャンプ団体の決勝戦をやっていた。日本勢は快進撃を続けていて、NHKのラジオ中継もかなり熱を帯びていた。最後に原田選手が跳ぶときはかなり夜中だったと思うが、さすがに勉強が手に付かず、一階に降りてテレビをつけて見た。そして、僕の記憶はなぜかここで終わっている。

 その後、志望校にも合格した。合格発表はスキージャンプの決勝よりかなりあとだった筈なんだけど、僕の中ではこのときのスキージャンプと高校合格がイコールで結ばれている。

 多分そのせいだと思うが、このときラジオで聞いた雪とスキー板がすれる音と日本勢の快進撃、ジャンプの飛翔感は、今でもとても心地よい記憶として残っている。そして、この競技を見るだけで、高橋真理子の歌とともに、人生初めての勝負事に勝ったことの高揚感や受験の後の「ご褒美」だったクラス遠足で今はなき横浜ドリームランドに行ったこととかを思い出す。そういう心地よい想い出を思い出させてくれるので、いまでも冬のオリンピックの種目の中ではスキージャンプが圧倒的に好きだ。「日の丸飛行隊」とかいう表現は大嫌いだが、今回のオリンピックでも日本勢の活躍を期待したい。

 さて、テレビをつけた後の結末だが、僕はずっと、このときのジャンプ団体で日本は金メダルを獲得した、と記憶していた。でも、今回調べてみたら原田選手が失敗して銀メダルだったようだ。自分に都合が悪い記憶は抹消してしまっていたらしい。あるいは、映像よりも音の記憶の方がよく残るのだろうか。
posted by ナベテル at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

国母、なぜそんなにバッシング??

 スノーボードのハーフパイプの日本代表・国母和宏選手が、バンクーバー入りしたときの服装が見苦しかったとかで激しいバッシングを受けている。これが空港での様子とその後の記者会見。

 僕は、きっこのブログでこの話題を読むまで、国母という選手の存在すら知らなかったくらい話題に乗り遅れてるのだが、僕が彼の服装を見て思うことはただ一つ。彼、何か悪いことしたのだろうか??Yahoo!のニュースのコメント欄を見ると「反省してない」とか「帰国させろ」とか「ドレスコードを間違ってる」とか「オン、オフの切り替えができてない」とか言いたい放題で、彼を擁護する意見がほとんど無い。それを見て、僕は益々ビックリした。みんな、他人事に何でそんなに怒ってるんだ。

 スノボの選手にとって公式の場ってどこなのだろうか。やっぱ、競技場なんじゃないだろうか。開会式や競技会場に腰ズボンで来たらさすがにミスマッチだろう。でも、空港の画像は、公式の場でも何でもない。移動の風景をマスコミが勝手に撮影したものだ。これから長時間、太陽の動きに逆らって飛行機に乗るのに、自分にとって楽な格好をして何が悪いのだろうか。飛行機乗ってる間も他人の目はあるわけだが、彼を批判する人たちは、その間もずっとネクタイをきっちり締めて、ジャケットを着てろ、というのだろうか。あと、選手の格好と言えば、特に夏のオリンピックの中継映像で応援席にジャージ姿で応援に来る他競技の選手をよく見る。あれなんか相当「だらしない」格好だと思うけど、あれは批判しなくてよいのだろうか。

 彼の記者会見の図を見て「反省してない」という意見も多いようだが、彼自身は、おそらく、国内でこれだけバッシングされてる事実を全く知らないだろう。というか、何を反省すればいいのかも分からないと思う。「日本代表として恥ずかしい」という意見が多いけど、彼は日本を背負うなんて一度も言ってないだろうし、そんなことは元から求められてない筈だ。「日本に戻せ」なんて居丈高な意見に至っては、何様のつもりだ、と言いたい。

 大体、バッシングに晒されるまでは、日本オリンピック委員会も、日本スキー協会も、彼の服装を問題だとは思っていなかったんじゃ無かろうか。過去の画像を見ても彼の代表ユニフォームの着こなしは一貫して「カジュアルダウン」したものだし、問題の映像にしても、回りに関係者がいたのに誰も注意していない。それを、無責任な視聴者から少しぐらい抗議が来たくらいで処分まで検討する方が異常に思える。

 移動時の服装くらいであんなにバッシングされたら、メンタルが弱い選手ならそれだけでつぶれてしまうだろう。救いなのは、国母選手がかなり面の皮の厚そうなやつだ、ということだ。あの面の皮の厚さが「出る杭」になってしまってバッシングされたのだろうが、僕は、「出る杭」はわりと好きだ。是非、いわれのない非難を跳ね返して好成績を収めて欲しい。きっこに便乗すれば、勝って、腰ズボンで帰ってこい、と言いたい。
posted by ナベテル at 01:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

最近のYouTubeから

 最近見たYouTube画像。

 一つ目。中央競馬第33回エリザベス女王杯。負傷した武豊騎手と、馬券に夢をのせた観客の方には大変申し訳ないのだが、第4コーナー回った後の超大外からの末脚炸裂は涙無しには見られません。その隣を負傷した武豊さんを乗せた救急車の伴走するのも超シュール。



 二つ目。先日、mixiで宣伝記事がでていた「パラノーマル・アクティビティ」の試写会の様子。175万円の予算で作った大ヒット・ホラー映画らしい。これも笑っちゃ悪いのだが、観客席の様子の方が夜中の動物園みたいでよっぽどホラー。



 YouTubeって、下手なテレビ番組より、よっぽど暇つぶしになるよね(つぶやきシロー風)。
posted by ナベテル at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

ブルジュ・ハリファ登ってもつまらないと思う

 世界一ののっぽビル、ブルジュ・ハリファの展望室が閉鎖になったそうだ。

 この記事には原因が書かれていないが、他の記事によると、エレベーターから煙が出て、多数の人が一時展望室に閉じこめられたという。

 しかし、「ドバイ:バブルを防げない不思議」で書いたとおり、実際にドバイに行ったから分けるけど、ブルジュ・ハリファの周りって、基本的に砂漠だ。ニューヨークや東京のような摩天楼ではない。
 一方、ブルジュ・ハリファはビルとしては世界一だけど、所詮、828メートルしかない。877メートルある筑波山よりも低い。登ってみても、余り面白くないことは請け合いだと思うのだが・・・。食わず嫌いの負け惜しみだろうか・・・。
posted by ナベテル at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする