2010年10月05日

カンボジア旅行記2(バイヨン寺院)

 前回の投稿からすでに1ヶ月近く経っており、ブログが活用されていない状況に自分なりの焦りを感じております。まあ、マイペースで。 

 アンコールワットが建設されてから数十年後に王が変わってから建設されたのが、アンコールトムだ。ここは、なんと、仏教遺跡。数十年前のアンコールワットがヒンズー教の遺跡であることと比べると非常に面白い。
01アンコールトム入り口神様.jpg
アンコールトムの入り口にある観音様の像


 入り口の門の上には、日本人が勝手に描くカンボジアのイメージに出てくる、あれ。これ、実は、観音菩薩なんだそうだ。
02アンコールトム入り口観音像.jpg
観音菩薩像


バイヨン寺院
 そして、アンコールトムのど真ん中にあるのがバイヨン寺院。ここはかなり面白かった。
03バイヨン遠景.jpg
バイヨン寺院遠景

 
 ここはアンコールワットと同じく、壁画が凄い。
04アプサラ(天女).jpg
アプサラ(天女)の図

05バイヨン壁画1.jpg
バイヨンの壁画

06バイヨン壁画2.jpg
バイヨンの壁画2

07バイヨン壁画3.jpg
バイヨンの壁画3


 壁画の回廊を回ってから、建物の中心部に迫っていくと、顔、顔、顔。バイヨン寺院が仏教寺院になっているのは、当時の王様が、既得権益層であるヒンズー教指導者たちの力を削ごうとした政治的な側面があるのだそうです。
08バイヨン塔群.jpg
バイヨン寺院の塔群

 10バイヨン観音菩薩.jpg
これも観音菩薩像


 そして、世界中に写真が出回っている一番有名な観音像がこれ。
11一番有名な顔アップ.jpg
一番有名な観音菩薩像


 回廊は実はナーガ(蛇)の胴体をかたどっている。これはアンコールワットと全く一緒。ヒンズー教と仏教は境界が曖昧なのだ。
09回廊の屋根がナーガ.jpg
回廊の屋根がナーガ


 そして、デバター(女神)像。ここのデバターはアンコールワットのより総じて出来がいいように思った。
12バイヨンのデバター.jpg

13バイヨンのデバター2.JPG


 次回は、天空の城ラピュタのモデルになった?寺院とかの紹介。
posted by ナベテル at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

カンボジア旅行記1(アンコールワット)

 今年の夏休みはカンボジアのシェムリアップという街に行ってきた。シェムリアップはカンボジアの中では一番タイ寄りの街。昔から緊張が絶えなかったようで、シェムリアップという街の名前自体、「シェム」=「シャム」=タイを「リアップ」=「一掃する」という意味らしく、戦勝を祝して付けた名前なんだそうだ。
 この街に来たお目当ては、もちろん、アンコールワットを初めとする遺跡群。インドから日本まで流れる文化の一端が分かった気がして、とても面白い旅だった。最初は、大長編の旅行記を書こうとしたんだけど、とても書ききれないので、写真中心の旅行記でお茶を濁すことにした。

 この街に来たら、まず、アンコールワットを見るしかない。初日からいきなり見て、その後、もう一度見に行った。このお寺は仏像等を安置しながらも、まだ、ヒンドゥー教主体の寺院だ。
1参道.JPG
参道

2参道(爆発痕).jpg
参道にある爆弾の痕

 内線の痕跡は世界遺産の中にまである。この国は、ちょっと前には、信じられないような大虐殺が平然と行われていた国なのだ。

3参道(上智頑張る).jpg

 アンコールワットを初めとする遺跡の修復に力を入れているのが、日本では全く影の薄い我が母校・上智大学だ。実際、アンコールワットの遺跡周辺では、上智大学は一番有名な日本の大学。僕についたカンボジア人ガイドさんは「上智大学の学生はみんな賢そうだけど、勉強ができる大学なのですか?」と日本語で聞いてきた。はったりも含めて「私立大学ではナンバースリー」と答えておいた。

4参道から第一回廊を望む.jpg
塔門をくぐって敷地内に入ったところ
5参道脇から中央塔など望む.jpg
ここが一番の撮影スポット


 中に入ると最初に見られるのが、「ラーマーヤナ」に出てくるラーマ率いるサル軍と悪の王ラーヴァナ率いる羅刹軍の戦いの図。ここの壁画は他のものと比べても本当に生き生きと描かれていて、カンボジア人が「ラーマーヤナ」をとても好きなことが伝わってくる。
6ラーマとラクシュマナ.jpg
主人公ラーマ(右)と弟のラクシュマナ(多分・・)
7ラーマとハヌマン.jpg
ラーマ(上)と猿軍の将軍・ハヌマン
8ラーヴァナ.jpg
悪の王・ラーヴァナ


 右の方に行くほど、ラーヴァナ軍が劣勢になって、サル軍がどんどん勢いよくなっていく。ラーヴァナがのっている馬車の図なんかは、エジプトのファラオの戦車の図にも共通する構図だけど、何か関係あるのかしら(多分、ない)。

 アンコールワットにはデバター(女神)の図があっちこっちに描かれている。
9デバター.jpg
デバター


 アンコールワット自体、未完成の建物なので、失敗?したヌードっぽいデバターや、外枠が書いてあるだけのものもある。
10ヌードデバター.jpg
ヌードのデバター
11書きかけデバター.jpg
書きかけのデバター


 第一回廊の他の所に行くと、日本でもおなじみ、閻魔様によって地獄に突き落とされる図や、ヒンズー教の天地創造である「乳海撹拌」の図もある。乳海撹拌というのは、神と阿修羅がナーガという蛇を綱代わりに綱引きをして乳海を揺する、という感じのもの。乳海撹拌の図は残念ながら修理中で、一番いいところを見られなかった。
12閻魔様に地獄に落とされる図.jpg
閻魔様に地獄に落とされる図
13乳海撹拌の図.jpg
乳海撹拌図


 柱の彫刻も半端じゃないです。
14柱の彫刻.jpg
柱の彫刻


 歴史に記録が残っている限り、アンコールワットに来た初めての日本人は森本一房という平戸藩士。この人はアンコールワットを祇園精舎と勘違いして落書きを残していった(結構バチ当たりなヤツだ)。一房が書いた「祇園精舎図」というアンコールワットの絵図が水戸徳川家に今でも伝わっているそうだ。
15日本人落書き.jpg
森本一房の落書き(上から塗りつぶされている)


 回廊も、回っているだけで美しい。
16第一回廊外側.jpg
第一回廊外観
17第二回廊に上がる階段.jpg
第二回廊に上がる階段


 第三回廊に上がる階段はものすごく急。上に上がる人数が多すぎないように、下でコントロールされている。
18第三回廊に上がる階段.jpg
第三回廊に上がる階段
19第三回廊からの眺め.jpg
第三回廊から入り口方面を望む


 そして、アンコールワットの中心にあるのが、中央塔。ここまで上るのは結構大変。そして、コウモリの糞のにおいがする。
20中央塔.jpg
中央塔

 というわけで、建物の上の方に上るよりも、壁画が素晴らしいアンコールワットであった。次回は、アンコールトムとバイヨン寺院。
posted by ナベテル at 00:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

イースター島モアイ見た記・急の急(モアイ文化の崩壊)

やがて来た資源枯渇とモアイ文化の崩壊
 モアイの製作、輸送には大量の木材を使う。モアイが巨大化したことで資源消費は拡大した。また、繁栄により増えた人口も大量のエネルギーを消費した。木が伐採し尽くされたイースター島では、やがて人口を維持できなくなった。さらに、西洋人がイースター島に来るようになった18世紀には、部族間ないし階級間でモアイ倒し戦争というものが起き、部族の先祖であり、守り神であるモアイ像は敵対する部族によって倒され、力を発するモアイの目は砕かれてしまった。
P6024310.JPG
アフ・ハンガ・テエの倒れたモアイ



P6024334.JPG
アフ・アカハンガの倒れたモアイ


 イースター島の博物館には、唯一見つかったモアイの目の現物が保存されている。砕かれる前のモアイの目はこういう切れ長の形をしていたんですな。
P6034686.JPG
モアイの目


 アフ・ハンガのモアイ周辺には住居跡の洞穴や住居の基礎部分の跡も残っていて、モアイが部族の要であったことが感じ取れる。ちなみに、モアイの近くに住んでいたのは支配層のハナウ・エイベ族で、被支配層のハナウ・モモコ族はもっと内陸の方に押しやられていたそうだ。モアイは前者が後者に命じて作らせていたもので、モアイ倒し戦争は、被支配層のハナウ・モモコ族が支配層のハナウ・エイベ族を滅亡させた側面を持っているらしい。
P6024363.JPG
住居跡の洞穴


P6024329.JPG
住居の基礎部分


ポスト・モアイの鳥人間信仰
 モアイ倒し戦争の後、モアイ信仰は廃れ、新たな鳥人間信仰が生まれた。鳥人間信仰のもと、1年に1度、島全体の王を選ぶ儀式を行ったのがオロンゴ儀式村というところ。オロンゴ儀式村はラノ・カウ山という火山の上にある。
P6014121.JPG
ラノ・カウ山


 各部族の代表者が離島まで鳥の卵を取りに行き、卵を持って最初に帰った部族の長が島の王になったんだそうだ。
P6014133.JPG
オロンゴ儀式村


P6014126.JPG
たまごを取りに行った島


P6014150.JPG
鳥人間の神・マケマケ


 マケマケを見ると、笑い飯の鳥人ネタを想起せざるを得ない自分がいる。鳥肌と人肌の境目はどこにあるのだろう・・・

関連記事
イースター島モアイ見た記・序(間違いだらけのモアイ観)
イースター島モアイ見た記・破(伝説の王・ホトゥマトゥア)
イースター島モアイ見た記・急(巨大化するモアイとモアイ工場)
イースター島モアイ見た記・急の急(モアイ文化の崩壊)
posted by ナベテル at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

イースター島モアイ見た記・急(巨大化するモアイとモアイ工場)

巨大化するモアイ
 序で書いたように、モアイは部族の先祖であり、部族の守り神だ。やがて、部族間で競って大型のものを作るようになった。島で最大の遺跡はアフ・トンガリキというが、ここにはカメラに収まりきらないくらい大きいモアイが15体もある。大きいものは15mくらいあり、写真はいずれも遠くから望遠レンズで撮ったもの。
P6024519.JPG
アフ・トンガリキ(表)



P6024582.JPG
アフ・トンガリキ(裏)


 あまりの迫力に見ほれてしまう。きっと、この地を治めていたのは大きな部族だったに違いない。ちなみに、ここの遺跡を修復したのは日本のクレーン会社であるタダノだ。バブル期とはいえ、よくやったもんだ。今の日本では考えられない酔狂な社長さんに乾杯。写真を取り忘れたが、モアイの脇にはプカオも脇に置いてあった。一体だけプカオを被っているモアイは、タダノのクレーンの操作方法を教わった現地住民がおもしろがって修復したものらしい。

モアイ製作工場
 島中にあるモアイの多くが製作されていたのが、ラノ・ララクという火山。ここには作りかけのモアイや完成品のモアイが沢山あって、日本人がイメージするイースター島のイメージに最も近いところだ。後期のモアイが多く、比較的スマートな作りで、かつ、巨大なものが多い。
P6024510.JPG
ラノ・ララク



P6024466.JPG
巨大なモアイ


 中には面白いモアイもあって、依頼した部族の長の首が曲がっていたためにモアイも首をかしげることになったと伝えられるものや、イースター島が他のポリネシアの文化の延長線にあることを想わせる正座したモアイもある。
P6024460.JPG
首をかしげたモアイ


P6024415.JPG
正座したモアイ


 モアイは岩山から切り出すので製作途中のものは岩の中にある。一番大きい作りかけのモアイは22メートルもあるらしい。
P6024425.JPG
切り出し中の巨大モアイ


 モアイは先に正面を作製され、石から切り出されると、背中が平らな状態になっている。これを地面に立てて背中が整形された。
P6024435.JPG
背中整形前のモアイ



P6024433.JPG
背中整形後のモアイ


 主な作業場は噴火口の外側にあるが、噴火口の内側には比較的赤っぽいモアイを作っていた場所もあった。
P6024505.JPG
赤いモアイ


 ちなみに、モアイの上に載っているプカオ(これは帽子ではなくちょんまげを表しているらしい)はプナ・パウという赤い石を産出する別の火山で作られていた。
P6034705.JPG
プナ・パウ


 次回は、モアイ文化の崩壊について。

関連記事
イースター島モアイ見た記・序(間違いだらけのモアイ観)
イースター島モアイ見た記・破(伝説の王・ホトゥマトゥア)
イースター島モアイ見た記・急(巨大化するモアイとモアイ工場)
イースター島モアイ見た記・急の急(モアイ文化の崩壊)
posted by ナベテル at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

イースター島モアイ見た記・破(伝説の王ホトゥマトゥア)

 はじめに書いておくと、写真に出てくる、立っているモアイは、すべて近年になって修復されたものだ。修復される前のモアイは、序で書いたモアイ倒し戦争で倒されていた。

伝説の王・ホトゥ・マトゥア
 無人島だったイースター島に最初に移住してきた伝説の王ホトゥ・マトゥアは、島の北側にあるアナケナビーチに上陸したと伝えられている。アナケナビーチは、火山島であるこの島には珍しい白砂の浜で、殺風景な島の中では神々しくもある。伝説を彩るにふさわしい場所だ。
P6024642.JPG
アナケナ・ビーチ


 そして、アナケナビーチにあるアフ・ナウナウには、ホトゥ・マトゥアをかたどったと伝えられる初期型のモアイがある。最近お気に入りの漫画家、福満しげゆき氏に似ていなくもない。
P6024616.JPG
ホトゥ・マトゥアのモアイ


 そして、初期型のモアイがまとまっているのがアフ・アキビだ。
P6034730.JPG
アフ・アキビの7体のモアイ


 このモアイはホトゥ・マトゥアの7人の使者とも、7人の王子ともいわれる。背が低く、ずんぐりしていて、頭にプカオ(ちょんまげを表す石)が載っていないのが初期型の特徴だ。ほとんどのモアイは海を背にして、集落があった陸側を向いて立てられていたが、この7体だけは海を向いて立てられている。ホトゥ・マトゥアが来た島の方を向いているのだとか。

もっとも保存状況の良いモアイ
 比較的時代が下ってくるとモアイはスマートになり、頭にプカオが載るようになる。例えば、アフ・ナウナウにある新しい方のモアイは、台座であるアフに古いモアイが使われていて、時代が新しいことが分かるが、頭にはプカオが載っている。
P6024639.JPG
アフ・ナウナウの新しい方のモアイ


P6024622.JPG
アフに用いられた古いモアイ


 このモアイには模様が沢山施してあり、本来のモアイの形をよく伝えている。モアイは火山の灰が固まった凝灰岩でできているため、割ともろいのだが、このモアイたちは砂浜に埋まっていたため、保存状況が良好だったそうだ。
P6024626.JPG
モアイの背中(模様がある)


三期のモアイを一気に見られるところ

 初期、中期、後期のモアイが一度に見られるのが、ハンガロア村から近いタハイ遺跡。遺跡に行くと左から順にアフ・バイ・ウリ、アフ・タハイ、アフ・コテリクと3つのアフがある。その順に初期、中期、後期のモアイのを表しているという。
P6014265.JPG
アフ・バイ・ウリ


P6014268.JPG
アフ・タハイ


P6014241.JPG
アフ・コテリク


 ここの遺跡は島の西側にあり、日没のスポットでもある。素人でも、割と様になる写真が撮れる。
P6014276.JPG
アフ・バイ・ウリの日没


 なお、イースター島にはモアイの他にもインカにも通じるような緻密な石組み文化もあった。
P6014165.JPG
アフ・ビナプの石組み


 この石組みは、イースター島の文化が東の南アメリカから来た説の根拠になったようだが、今では、西のポリネシアから渡ってきた文化であると考えられている。緻密な石組みがどういう経緯で作られたのか、謎のままだそうだ。

 次回は、巨大化するモアイとモアイの製造工場について。

関連記事
イースター島モアイ見た記・序(間違いだらけのモアイ観)
イースター島モアイ見た記・破(伝説の王・ホトゥマトゥア)
イースター島モアイ見た記・急(巨大化するモアイとモアイ工場)
イースター島モアイ見た記・急の急(モアイ文化の崩壊)
posted by ナベテル at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする