2014年12月19日

固定残業代の見破り方・請求法

 固定残業代とは、労基法で定められた時間外勤務割増賃金、法定休日勤務割増賃金、深夜早朝勤務割増賃金(以下まとめて「残業代」)をあらかじめ決められた固定額の賃金で支払うものです。基本給に残業代相当額が組み込まれるタイプ(組み込み型)と独立した手当として一定額支給される場合(手当型)があります。
 固定残業代が支給されていても、それで引き当てられる時間を超える労働がある場合、使用者は残業代の計算をして支給しなければなりません。固定残業代が支払われているからといって使用者の給与計算の手間が省けるわけではないです。
 しかし、実際には、固定残業代が横行しています。これらの固定残業代には上記とは別の意味があります。すなわち、@見かけの賃金を高くすることで労働者を誘引する、A残業代の時給単価である「基礎時給」に算入される賃金(「基礎賃金」)を少なくすることで残業代単価を切り下げる、B一方で固定残業代の額を多くすることでいわゆる過労死ライン近くやそれ以上の残業をしても別途の残業代が発生しない仕組みにするのです。そして固定残業代を導入する事業所はそもそも労働時間の計算をしていない場所も多いですね。そして、労働者側が追及するとC固定残業代で残業代は支払済み、と言い訳をして労基署の介入を抑制し、支払いを拒絶し解決を先延ばしにすることで労働者の請求を諦めさせようとすします。ここに固定残業代制度運用の現代的な意味があり、病理があります。

固定残業代の特徴と見破り方
 以下、筆者が担当した外国人向け高級ホテルのフロントスタッフに関するトレーダー愛事件(京都地判平成24年10月16日)を元に一般化した事例を検討します。なお、この事件では固定残業代は違法とされ、固定残業代とされた手当を基礎賃金に算入して残業代を一から計算し直し、約300万円の残業代を払いなおさせました。
 固定残業代を導入しているケースでは、例えば「月給28万円保証」と募集広告を打ち、応募をすると入職の段階で労働契約書や覚書などに署名押印させられたり、あるいはそれすらなく給与明細で事後的に、「基本給14万6000円、業務手当13万4000円(時間外手当見合い)」などと書かれていたりします。この14万6000円という数字は地域の最低賃金(大阪府では2014年10月5日以降は838円)に週40時間制を前提とした「月平均所定労働時間数」(労基法施行規則19条1項4号)の上限値である173.8時間をかけた金額の近似値であったりします(この上限値先にありきで計算しており事業場の年間所定休日が書いてなかったりする)。
この事業場における時間外割増賃金の基礎時給は840円、2割5分増しの時間単価は1050円となり、業務手当13万4000円はなんと127.6時間分もの固定残業代となってしまいます。月平均の所定労働時間173.8時間と合わせると、300時間超の労働時間に対する賃金がたった28万円で支払済みになってしまうのです。
 この説例が典型的ですが、基本給を173.8で割ると地域(近くに大都市がある場合はそちらの場合も)の最低賃金になっていたり、趣旨不明な手当が支給されることになっていたり、賃金が1円単位や10円単位で定められている場合などは固定残業代と疑った方が良いでしょう。

判例状況と闘い方
 しかし、裁判所は会社側が主張する固定残業代には総じて冷ややかです。様々な裁判例が公表されていますが、否定された例の方がずっと多いです。固定残業代が否定される理由には以下のようなものが見られます。
  • 固定残業代とされる賃金の額、引き当てられる残業時間が明確ではない(時間外割増賃金と法定休日割増賃金を混ぜて計算ができない場合も)
  • 固定残業代とされる賃金で引き当てられる残業時間を超過しているのに超過分の残業代を清算していない(払いきりの賃金になっていて残業代の実態がない)
  • 残業代なのに手当の額が成果に連動して決定されたりするなどして残業代の実態がない
  • 後付けで口で言ったり給料明細に書いているだけで労働契約の内容になっていない、あるいは今までは普通の手当だったものがいつの間にか固定残業代にされており説明がほとんどない
  • 固定残業代をあとから導入していて労働条件が勝手に不利益変更されている

 固定残業代が無効とされた場合、その賃金は残業代の単価を計算するための基礎賃金に算入され、一から残業代を払いなおすことになるので、実は使用者側のリスクもとても大きいです。労働者から見た場合「固定残業代は訴訟をやれば案外勝てる」ということです。

対策の検討
 このように訴訟になると使用者が負けることも多い固定残業代ですが、やはり社会全体で規制する必要があります。まずは、労働者募集時に所定労働時間外の賃金を固定残業代で表示するような方法を止めさせることが重要です。これは、公共職業安定所にしろ、民間の就職サイトにしろ、厚生労働省の監督が及んでおり、現行法下でも政治がやるきになれば改善が可能です。職安についてはすでに固定残業代を規制する内部通達を出していますが、政治にやる気がないので十分に機能していません。さらに、リクナビやマイナビなどの民間の就職サイトの表記を是正するよう要求していくことが必要でしょう。
 また、より根本的には、他の詐欺的な労働者募集方法とあわせ、労働者募集時の表記の仕方を規制する法律が必要なのではないかと思われます。

自分で請求しよう
 また、それぞれの労働現場では、使用者に抗議して固定残業代を止めさせることも(できるなら)重要でしょう。訴訟をやれば勝てる場合も多く、その場合、獲得できる残業代は高額です。同僚と一緒に、または職場を去るときに残業代請求するのも手です。
 今回発売する拙著『ワタミの初任給はなぜ日銀より高いのか?−ナベテル弁護士が教える残業代のカラクリ』は、その辺の残業代請求の実践について詳細に書いてあります。残業代を請求したいのなら、これを読んで勉強してみてください。

posted by ナベテル at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

ワタミの大卒初任給はなぜ日本銀行より高いのか

 近年、“ブラック企業”と批判され、社会情勢のなかで売上が減少して、2014年3月期の連結決算ではついに赤字に転落してしまったワタミ(ワタミ株式会社)ですが、この企業は新卒の労働者募集においても大きな特徴を持っています。同社の100%出資子会社で居酒屋などを経営するワタミフードサービス株式会社(以下「ワタミ」)の大卒求人の募集要項をホームページで見ると、「店長候補」の初任給は
【月収】24万2326円
http://wfs.hr-watami.net/recruit/index.html 2014.12.5現在)
と書いてあります。この金額を単純に比較すれば、他の日本を代表する企業の大卒初任給と比べてもなかなか高額です。
 一方、日本銀行の初任給はどうでしょうか。これもホームページで求人の募集要項を公表しており、
大卒 総合職 20万5410円
特定職 20万0400円
一般職 19万5390円
短卒  17万5350円(※コースによる違いはありません)
http://www.boj.or.jp/about/recruit/fresh/information/requirement.htm 2014.12.15現在)
と書いてあります。もちろん、職業に貴賎なしと言われます。しかし、社会一般の感覚として、ワタミの大卒初任給が日本銀行の大卒初任給より高くなる、ということはないでしょう。
 なぜこのようなことが起こるのか。概略を記すと、日本銀行の大卒初任給は「月平均所定労働時間数」(労働基準法施行規則19条1項4号)に対応するものです。いわゆる所定労働時間に対するものです。これに対して、ワタミの「月収」には、「月平均所定労働時間数」に対応する賃金に加えて、残業や深夜早朝の労働を前提にして、労働基準法で定められた時間外割増賃金、深夜早朝割増賃金があらかじめ織り込まれています。いわゆる「固定残業代」です。
 「月平均所定労働時間数」に対応するワタミの賃金は、同社のホームページの記載を前提にすれば、基本給のうち16万円のみです。結局、月平均所定労働時間数に対応するワタミの大卒初任給は、日本銀行の短大卒初任給17万5000円よりも低いことになります。
 そして、この「月平均所定労働時間数」自体、
ワタミ>日本銀行
なので、一時間当たりの賃金単価はさらに差がつき、日本銀行の労働条件のほうが労働者に有利になります。つまり、ワタミの賃金はいわば水増しされたものなのです。
 しかし、このような賃金水増しの求人広告は必ずしも禁止されていません。一方で、学校教育で労働基準法を教える機会がなく、それどころか大学の法律科目で労働法を選択しても一般的な大学教授はこんなことは教えてくれないので、日本の労働者は水増しを見破るための知識がありません。

必要なのは残業代を計算する知識
 この水増しを見破るのに必要な知識は要するに残業代を計算するための知識です。残業代については125%という割増率はよく知られていますが、何に対する125%なのか、という点は実はほとんど知られていません。残業代は時給制で計算するので、元の賃金体系が時給制の場合は直感的に分かりやすいですが(実は時給制でもプラスして月給の精勤手当などが出ている場合はその分を加算する必要があります)、日本で広く普及している月給制の場合、正確な計算方法を知っている人はほとんどいないのではないでしょうか。そして、自分の給料について、残業代の計算をすることで、労働時間や休日など、自分の労働条件全般を把握することにもなるのです。

そこで本を書きました
 そこで『ワタミの初任給はなぜ日銀より高いのか?−ナベテル弁護士が教える残業代のカラクリ』という本を書きました。12月22日発売です。もうAmazonでも買えます。下の写真をクリックしたらリンク貼ってます。タイトルはこんなんで、実際、ワタミの賃金のカラクリも詳しく述べていますが、本の内容はそれに止まりません。一冊の本で残業代をめぐる社会情勢、名ばかり管理職や固定残業代など残業代不払いの温床となる制度の打ち破り方、残業代の前提となる「労働時間」の考え方、証拠の集め方、残業代の計算方法、残業代の請求方法までを網羅した本です。一言でいえば「残業代を通じて社会と会社を分析する本」です。筆者も「何で?」と思うのですが、今まで一般向けのこういう本はなかったんですよね。自分のみを守るためにも、是非手に取っていただければと思います。
 あと、セルフ出版記念ということで、今週金曜日(12月19日)に固定残業代について、来週月曜日(12月22日)にニセ裁量労働制についてもエントリを書きます。労働現場でも役に立つお思いますので、あわせてそちらもお読み下さい。

posted by ナベテル at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

安倍首相の「『撃ち方止め』は朝日のねつ造」はねつ造ではないのか

 今日の国会で、安倍首相が朝日新聞のねつ造を指摘した。この安倍首相の発言は、朝日新聞の今日の朝刊が、民主党・枝野幸男氏の政治資金問題と絡めて「これで撃ち方止めになればいい」と述べて、野党による自民党の政治資金問題追及の手が弱まることを期待した、というものに関して。朝日新聞の報道がねつ造だというわけだ。

 滑舌が悪いが0:50〜で以下のように言っているように聞こえる。「今日の朝日新聞ですかね、『撃ち方止め』。わたくしが言ったと。そういう報道がありました。これはねつ造です。朝日新聞は安倍政権を倒すことを社是としていると、かつて主筆がしゃべったということでございますが、これはブリーフをした羽生田議員に聞いて頂ければ明らかでございまして・・・」。朝日のねつ造だと断定している。

毎日、日経にも載ってますが・・・
 朝日新聞のネット版に確かに次のような記事がある。今日の朝刊にも同様の記事が出ている。
首相「これで撃ち方やめになれば」 枝野氏資金問題受け
朝日新聞2014年10月29日19時16分

これで「撃ち方やめ」になればいい――。安倍晋三首相は29日の側近議員との昼食会で、民主党の枝野幸男幹事長を巡る政治資金の問題が発覚したことを受け、こう述べた。野党の追及が弱まることを期待した発言だが、かえって反発を買う可能性もある。
 でも、安倍首相のこの発言を取り上げた記事って、朝日新聞だけじゃないんですな。
政治とカネ:与党「撃ち方やめ」期待 野党引くに引けず
毎日新聞 2014年10月29日 21時32分(最終更新 10月30日 10時48分)

安倍晋三首相は29日、自民党本部で萩生田光一総裁特別補佐らと意見交換。首相は、民主党の枝野幸男幹事長の政治資金問題が発覚したことを念頭に「撃ち方やめ、になればいい」と述べ、国会審議の焦点が、閣僚の疑惑追及から政策論争に移ることに期待感を示した。
政治とカネ、民主幹事長にも 首相「撃ち方やめになれば」
日本経済新聞 2014/10/29 22:21

民主党の枝野幸男幹事長は29日、自らの関係政治団体が2011年の新年会の会費収入約240万円を政治資金収支報告書に記載していなかったと明らかにした。安倍晋三首相は自民党本部で側近議員らと会い、与野党の「政治とカネ」問題について「誹謗(ひぼう)中傷合戦になるのは美しくない。撃ち方やめになればいい」と語った。
 上記のように毎日も、日経も、昨日の段階でネットに載っている。両社とも今日の朝刊にも同様の記事が出ている。ただ、両社とも朝日の配信より後なので、ウラ取りをせずに朝日を孫引きした可能性も(なさそうだけど)完全に排除はできない。

さらに探っていくと・・・
 この件、さらに探っていくと同日の14:12(朝日より5時間も前)の新潟日報の記事に突き当たる。
首相「撃ち方やめに」 閣僚らの政治資金問題で
新潟日報  【政治】2014/10/29 14:12

 安倍晋三首相は29日、自民党の萩生田光一総裁特別補佐と党本部で会談し、閣僚や枝野幸男民主党幹事長らの政治資金問題を念頭に「誹謗中傷合戦は国民の目から見て美しくない。『撃ち方やめ』になれば良い」と語った。
 大変だー 新潟日報のねつ造だーー(棒)
 地方紙が首相の発言をスクープできる訳はないので、さらに探ると、
首相「撃ち方やめに」 閣僚らの政治資金問題で
2014/10/29 14:12 【共同通信】

 安倍晋三首相は29日、自民党の萩生田光一総裁特別補佐と党本部で会談し、閣僚や枝野幸男民主党幹事長らの政治資金問題を念頭に「誹謗中傷合戦は国民の目から見て美しくない。『撃ち方やめ』になれば良い」と語った。
 新潟日報と同時刻に共同通信の配信記事がある。これ、結局、共同通信の配信記事じゃないのかな・・・・

こんな首相でいいんだろうか
 都合の悪いことがあると全部朝日新聞のせいにする人たちって、2chとかツイッターにも一定数いるけど、これ、我が国の首相の国会答弁だから。こういうレベルのデマ、ねつ造の国会答弁を平気でする人間が総理大臣をやっていてよいのかはかなり深刻な問題だと思う。そして、後ろで控えている麻生副総理をはじめ、議員がゲラゲラ笑っていることも大きな問題だろう。

2014.10.31追記
 朝日新聞の公式声明。あと、萩生田議員が「自分の発言」と説明を変えたらしい。しかし、だからといって、一国の首相が国会で一新聞社を虚偽の理由で攻撃したことが重大問題であることに変わりはなく、「安倍首相の虚言癖」で証人喚問をやっても良いくらいではないだろうかと思う。
■記事の「捏造」ありません
 《朝日新聞東京本社報道局の話》 記事は意図的に話をつくった捏造ではなく、取材にもとづいて書いたものです。また、朝日新聞社に「安倍政権を倒す」という社是はなく、主筆が話したこともありません。

2014.10.31追記:首相が予想の斜め上を行く展開
朝日新聞を重ねて批判=安倍首相
時事通信 10月31日(金)12時58分配信

 安倍晋三首相は31日午前の衆院地方創生特別委員会で、朝日新聞の従軍慰安婦問題の記事取り消しなどに関し、「ちゃんと裏付け調査をしていれば、防げたものを防げなかったことで日本の名誉が傷つけられた」と述べ、重ねて同社を批判した。民主党の渡辺周氏への答弁。
 首相は「安倍政権を倒したいという方向に持って行きたいということで記事を書くから、そういう間違いが起こるのではないか」とも指摘した。
posted by ナベテル at 15:42| Comment(77) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

アップルが腕時計?ジョブズの亡霊に引きずられたか!と思ったら・・・

 筆者は25年来のMacユーザーであり、この8年ほどオメガの自動巻のクロノグラフを使っている機械式腕時計ユーザーでもある。MacのOSがフリーズしまくる漢字トーク7だった時代を知っているし、ジョブズがもてはやされる前のダサかった時代を知っているし、ジョブズが死んだのも「最後は自我を制御できずに死んだか」という感想が先に立つ程度には、アップルにスレている(だけど買うので一種の信者であることは間違いない)。

 去年、サムスンが腕時計を発売したとき、正直「ショボッ」「イラネ」としか思わなかった。いまホームページを見返しても感想は変わらない。サムスンは腕時計をスマホの延長線でしか考えていなかったからだ。スマホはもう十分に高性能なものを持っているし、腕時計は良い物を持っているから、どっちからみても中途半端なものだったのだ。

 今日、アップルから「アップルウオッチ」なるものが発表された。ホームページを見る瞬間まで「どうせサムスンにパクられた元商品だろ。ショボいに決まっている。」と思っていたが、ページを見た瞬間、感想が変わった。アップルのターゲッティングは実に明確だ。

 値段が発表されていないからまだ詳しい商売の戦略は分からないが、アップルはスウォッチをはじめとする1万円台〜のカジュアルでオサレなウオッチを使う層と、10万円台〜の高級機械式腕時計を使う層の間にカテゴリーを作ってしまい、デザイン、質感は高級機械式腕時計(しかし本体にはゼンマイは一本も使わないから安い)だけど一方でスゥオッチ並みの気軽さを演出し、かつ、性能は高級機械式腕時計をはるかに凌駕する、という時計を作り出したのだ。腕時計の文字通り顔になる文字盤(ダイアル)は精度の高い液晶でとっかえひっかえ好きにやってくれ、と。

 見た感じ、アップルウオッチは明確に時計であり、スマホの亜種には見えなかった。サムスンギアーと比べるとすぐ分かるが、サムスンのには竜頭と押しボタンがない。逆に言うと、アップルウオッチには機能的には不要なはずの竜頭と押しボタンが付いている。形もレキュタンギュラーであり、機械式腕時計のお作法を踏んでいる。サイズも38mmと42mmが出るようだが、これは女性用の機械式腕時計、男性用の機械式腕時計の典型的かつほぼ定型的なサイズである。

 ターゲットにされているのは、スゥオッチや高級機械式腕時計を買う層であり、ウオークマンを撃破し、ポータブルゲーム機業界を疲弊させ、カーナビの売れ行きすら下落させているアップルが、今度は固定客がいて購買単価も高い時計業界にケンカを売ろうというのである。この層は時計のために高い金を払うことを厭わないし、コレクションをする性癖も持っている。

 素人の勝手な予測だが、アップルの発表を受けて一番青ざめているのは競合するスウォッチグループ(スウォッチそのものからオメガ、ブレゲなど高級ブランドまで傘下に収める)なんじゃないだろうか。アップルウオッチが成功すると、スウォッチは地盤沈下するし、オメガなどの高級なふりをした大衆ブランド(機械式だけど肝心の機械(ムーブメント)はグループ会社のETAが作った量産品)は打撃を受けるだろう。目下のところ、筆者の興味関心は、このアップルウオッチが高級時計雑誌「クロノス」などの表紙を飾ることがあるか否か、国際空港のショッピングモールの一等地にアップルウオッチだけの店が出ることがあるか否かにある。前者については、恐らく、載せまいとする強烈な力が働くだろうが。

 また、バンドと液晶に表示される時計のデザインを専門にやるサードパーティーの参入も見込めるだろう。そうやって市場が出来上がっていけば、それこそオメガ辺りの高級なふりをした大衆ブランドが迎合して、アップルウオッチwithオメガみたいなコラボ商品が出来上がっていくかもしれない。

 そういう広がりを感じさせる商品であり、筆者の頭のモードは俄然「買い」信号に変わったのであった。
(※なお筆者は弁護士であり市場観測については全くの素人なので素人の感想として読んでね)

追記:345ドルだそうで、日本円で4万円弱?な感じですね。やはり、スウォッチと10万円以上の時計の間を狙ってきていますね。

アップルウオッチ
https://www.apple.com/jp/watch/

【速報】3分でわかるApple新製品まとめ - iPhone 6からApple WATCHまで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140910-00000005-mycomj-sci
posted by ナベテル at 09:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

歴史修正主義批判リンク集

 公開する必要もないんですが。(順次追加します)

【特設】朝日新聞の吉田清治証言取り消し
極東ブログ/朝日新聞による慰安婦強制連行証言記事の一部取り消し、雑感 http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2014/08/post-5237.html
法華狼の日記/(池上彰の新聞ななめ読み)慰安婦報道検証」について http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20140903/1409782980

ブログ
法華狼の日記 http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/
誰かの妄想・はてな版 http://d.hatena.ne.jp/scopedog/
模型とかキャラ弁とか歴史とか http://d.hatena.ne.jp/D_Amon/
Apes! Not Monkeys! はてな別館 http://d.hatena.ne.jp/Apeman/
Stiffmuscleの日記 http://d.hatena.ne.jp/Stiffmuscle/
「慰安婦」問題ってなーに? http://kokoronokaihuku.blog.fc2.com/
Transnational History http://d.hatena.ne.jp/dj19/

南京大虐殺資料
南京事件FAQ http://seesaawiki.jp/w/nankingfaq/d/FrontPage
南京事件資料集 http://www.geocities.jp/kk_nanking/
南京事件資料館 http://www.tok2.com/home/johnvoid/
南京事件−日中戦争 小さな資料集 http://www.geocities.jp/yu77799/
「南京事件」143枚の写真&読める判決「百人斬り」 http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/
南京事件の真実 http://www.nextftp.com/tarari/

従軍慰安婦資料
デジタル記念館 従軍慰安婦問題とアジア女性基金 慰安婦関係歴史資料 http://www.awf.or.jp/6/document.html
従軍慰安婦資料館 http://www.geocities.jp/yubiwa_2007/
NEWS PJ 従軍慰安婦問題 資料 http://www.news-pj.net/old/siryou/ianfu/index.html
Fight for Justice http://fightforjustice.info/
白樺教育館 教育館だより 157. 「従軍慰安婦問題」決着ーー泥さんが、右派のウソを元から断つ.http://www.shirakaba.gr.jp/home/tayori/k_tayori157.htm#Ianfu7
日本軍の慰安所政策について 永井 和(京都大学文学研究科教授)http://nagaikazu.la.coocan.jp/works/guniansyo.html
posted by ナベテル at 16:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする